今年もやります!「日比谷公園の中心で妻に愛を叫ぶ」

印刷
愛は言葉で伝えよう(昨年行われたイベントの様子から)
愛は言葉で伝えよう(昨年行われたイベントの様子から)

   日比谷花壇日本愛妻家協会は、2011年1月27日に日比谷公園の大噴水前で、イベント「日比谷公園の中心で妻に愛を叫ぶ、男の帰宅花作戦 2011~男は花を持って家に帰ろう~」(略称:ヒビチュー)を開催する。

   帰宅途中のサラリーマンなど男性200人を対象とし、特設ステージの上では「永遠の愛」という花言葉を持つチューリップを手に、愛妻の名前や日頃の感謝の言葉、愛の言葉を大声で叫んでもらおうと企画された。今年で4回目を数えるイベントだ。

   先着200人には、特製の「ラブフラワー(チューリップ)」、「愛妻家宣言証」、「ハグマット」が贈呈される。愛妻家宣言証とは「私は、妻というもっとも身近な存在を大切にする愛妻家です」という宣言が入った名刺サイズのカードで、裏面には「妻の誕生日」や「結婚記念日」などを記入できる。「ハグマット」とは、マットに書いた足形に夫婦2人揃って足をのせればすぐにハグを実践できるという代物だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中