ハーバードでは教えてくれない 風俗業の優れたビジネスノウハウ

印刷
企画や商品開発にすぐ応用できる
企画や商品開発にすぐ応用できる

   こう書房は2011年1月7日、新刊本『風俗的マーケティング』(著・モリコウスケ)を発売したが、その視点が面白い。風俗業界において、「異性」に対する欲求を刺激する手法が、他業界でも購買行動を強力に促すことができるというものだ。

   同書で紹介されている一例として、某下着メーカーのサービスがある。このメーカーは、ウェブ限定ブランドのサイトに「おねだり機能」なるものを設置。女性が、自分の欲しい下着を申し込むと、彼氏に「おねだりメール」が届き、彼氏はメールのリンクからそのまま購入画面に進んで、決済するという仕組みだ。その決済率が79%というのだから驚く。とはいえ、おねだりされる男性は、モテたいという意識に加え、「いろんな妄想」も膨らむため、「決済しないで断る理由が見つからない」らしい。

   第1章「風俗的マーケティング」、第2章「風俗業から学ぶマーケティング」、第3章「オトコをとりこにする接客術」、第4章「草食系男子の増加」、第5章「風俗的マーケティング実践編」により構成。欲望ビジネス(根源)、アイデアビジネス(細分化)、究極のサービス業、ネットビジネス(集客)という4大ポイントの実例を紹介しながら、風俗業界に学ぶ点を多角的に分析する。

   単行本、240ページ。定価1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中