マツダが電気自動車のリース販売を発表

印刷

   マツダは、2012年春から日本国内での電気自動車のリース販売を始めることを、2011年1月24日に発表した。

   マツダは、今年から環境性能の改善を図った「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術を搭載した商品を順次市場投入していく。同時に、電気自動車の研究開発も進めており、今回のリース販売を通して、顧客の利便性や電気駆動技術の実用性を深めていく予定だ。

   なお、電気自動車の航続距離は200km程度が目標で、日本国内の地方自治体や法人顧客を中心に販売を行う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中