ドコモのspモードメール、Wi-Fi環境でも送受信できるように

印刷

   NTTドコモは2011年1月24日、自宅などインターネット接続できるWi-Fi環境でも、スマートフォン向け「spモード」メールの送受信を可能とする機能を追加。また、「spモード」のオプションサービスとして、高速データ通信のできる「公衆無線LANサービス」を2月1日から提供する。

   「spモード」メールは、スマートフォンでも「~@docomo.ne.jp」のアドレスを利用できるサービスだが、これまでFOMA回線でしか送受信ができなかった。新機能は、メール設定サイトおよびspモードメールアプリをアップロードしてから設定をかえるだけで、Wi-Fi環境でもメールの送受信が可能に。ただし、新着メール通知はFOMA経由のみ。FOMA圏外ではWi-Fi利用時でもメールの自動受信はできない(手動による受信は可)。対応機種はXperia、GALAXY S、LYNXなど6機種。

   また、spモード利用者向けのオプションサービス「公衆無線LANサービス」は、最大54Mbpsの高速データ通信を可能とする。空港や駅、カフェ、ファーストフード店など全国3200エリア、6800アクセスポイントで利用できる。4月30日までに申し込むと、月額使用料315円を1年間無料とするキャンペーンも実施中だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中