2018年 7月 17日 (火)

2011年末までに125店へ、西友が「ネットスーパー」拡大

印刷

   西友は、インターネットで買い物できる「ネットスーパー」サービスの提供地域を2011年3月1日から順次拡大する。

   「ネットスーパー」はインターネット上で注文を受け付け、最寄りの店舗から商品を配送するサービスで、西友のほか、セブン&アイグループのイトーヨーカドーなど大手スーパーが導入している。

   西友では、11年末までに実施店舗を現在の47店から125店に増やし、店舗を持つ全地域で「ネットスーパー」に対応。13年末には135店舗でサービスを提供する。また、従来の食品・日用品に加え、衣料品や住居用品も取り扱いを開始。日常の買い物全般をインターネット上で済ませられるようにする。

   販売価格は実店舗と同額で、送料は1回525円。5000円以上の購入で送料無料になる

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中