庭の植栽を生かしたボーダータイプの外構プラン

印刷
住宅のオープン外構を「線」でやさしく仕切る(写真は、施行例)
住宅のオープン外構を「線」でやさしく仕切る(写真は、施行例)

   YKK APは、オープン外構の開放感と庭の植栽を生かした自然な外構プランを提案するボーダーシステム「ミニマルライン」を、2011年2月1日に発売した。

   住宅のオープン外構を物理的に隔てるのではなく、パブリックスペースとプライベートスペースを緩やかな境界をシンプルな「線」で仕切るボーダーシステム。オープン外構の開放感はそのままに、敷地への侵入を心理的に抑止する。

   自然となじみやすいカラー(5色、アルミ2色と木調3色)とシンプルなデザインで庭の植栽を生かした自然なプランを演出。汎用性の高い部材構成のため、ポスト、照明、スクリーンなど他のアイテムとの組み合せで変化に富んだ多様な外構プランを可能にした。

   商品は、出入り口用のゲートタイプとフェンスタイプの2種類。ゲートタイプは7万3900円~。フェンスタイプは7万2800円~(いずれも、組立施工費別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中