2022年 6月 29日 (水)

「島人」でさえ理解できない 下地勇の宮古島方言歌謡

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

下地 勇
NO REFUGE
TECI-1294
2500円
1月19日発売
テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード


   下地勇をまだ聴いたことがないという方々、すぐに聴いた方が良い。2002年のインディーズデビュー以来、これまでにすでに7枚のオリジナルアルバムを世に問うている下地だが、なにが筆者をこれほど熱くさせるのかといえば、彼の音楽との関わり方なのだ。

生々しい喜怒哀楽に視点を当てた

   7枚目の前作『民衆の躍動』を紹介した時にも書いたのだが、筆者がはじめて下地の音を聴いたのは、その前の6枚目の『3%』だった。衝撃的だったのは、すべての曲が、沖縄の人間でさえ理解不能という、宮古島独特の方言「ミュークフツ」で歌われていたことだ。それは下地の故郷限定の、宮古島の中でもさらに狭い地域でしか理解しあえない言葉だった。

   それなのに、胸を切り裂く音楽だった。

   当時のインタビュー記事でボクは「シャーマンのようだ」と書いた記憶がある。それは、祈りに近い音楽だったからだ。そして、『3%』も『民衆の躍動』と同様に、今回紹介する本作『NO REFUGE』もまた同じように、音楽の圧力を感じさせてくれる。

「人類の逃れられない宿命や、生々しい喜怒哀楽に視点を当てた作品」

   宣伝文句にはこう書かれているが、その通り。言葉はわからずとも、下地の音楽からは、それが伝わってくる。

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!