2018年 7月 22日 (日)

「書道ブーム」はなぜ起きた? 女性編集長が「池上彰」ばりに絶妙解説

印刷
好評の『墨』2011年1・2月号
好評の『墨』2011年1・2月号

   芸術新聞社は、隔月刊『墨』2011年1・2月号を、2010年12月28日に発売した。2011年の今年、創刊35周年を迎える同雑誌のキャッチフレーズは、「書が楽しくなる雑誌」。初心者は、書をさらに深く知るためのツールとして、また、プロ書家は他の書家の作品や最新の研究成果を参考にするために、といったように、それぞれの立場で楽しめるように編集されている。

   このところの書道ブームで同誌の注目度も高まっているが、今回の最新号では、「かなの大博覧会」なる巻頭特集を組み、日本人の生みだした文字「かな」の魅力を、博覧会の体裁を借りて、各ブースで多角的に紹介している。

   高木聖鶴、日比野光鳳、榎倉香邨、小山やす子といった現代の最高峰の書家が、実際いかな作品を書く場面を収録したDVD付きだ。

   定価2350円。

   なお、『墨』の太田文子編集長と、編集スタッフの花井順子さんが2011年2月4日、J-CASTニュースのユーストリーム情報番組「J-CAST THE FRIDAY」にゲスト出演し、書道ブームの現状をわかりやすく解説する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中