高画質3D映像、その場で確認可能なビデオカメラ

印刷
撮影したその場で3D映像を確認できる
撮影したその場で3D映像を確認できる

   ソニーは2011年4月、フルハイビジョン画質の3次元(3D)映像を撮影できるデジタルビデオカメラ「HDR-TD10」を発売する。

   レンズと撮影センサー、映像処理回路をそれぞれ2つずつ搭載。右目用と左目用それぞれの映像を別々にハイビジョン画質で記録する仕組みで、高画質な3D映像を手軽に撮影できる。記録メディアはSDカードとメモリースティックPROデュオなどに対応する。また、専用メガネなしで3D映像を視聴できる3.5型液晶を採用し、撮影した動画をその場で確認できるようにした。

   想定価格は15万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中