2018年 7月 20日 (金)

「トリプル節電」、業界トップクラスの省電力温水器

印刷
従来品より約40%も節電できる
従来品より約40%も節電できる

   INAXは、「パブリック向け小型電気温水器(12リットルタイプ」をリニューアルし、2011年4月1日に発売する。業界トップクラスの省電力を実現した。

   新たに、使用湯量に応じて30分ごとに10度単位で保温温度を最適制御する「省エネモード」や、使用頻度が少ない夜間や休日はヒーターをOFFにして無駄な保温をしない「ウィークリータイマーモード」、業界初の節電方式で水温に応じて夏場は自動でヒーターをOFFにし、水温が下がる冬場は自動でヒーターをONにする「シーズンON/OFFモード」の3つの機能を搭載した。

   また、3つの節電機能を使用状況に応じスイッチ1つで自動設定できる「スーパー節電」によって、1日、1週間、季節の3パターンに自動対応することで従来品と比べて約40%(電気代削減で年間6500円、CO2削減で年間210キログラム)の節電性能を実現した。

   価格は19万5825円(工事費別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中