内閣府が性暴力・DV相談受ける「パープルダイヤル」開設

印刷
経験豊かな相談員が対応する
経験豊かな相談員が対応する

   内閣府 男女共同参画局は2011年2月8日(午前10時)~3月27日(午後10時)、性暴力・DV相談電話「パープルダイヤル」を開設する。

   「パープルダイヤル」は、配偶者からの暴力について相談できる窓口を知らない人たちが多く、またどこにも相談できないでいる人たちのために、開設されたものだ。24時間いつでも相談が可能(一部調整中)で、男女問わず、外国語(6か国語)での相談にものる。相談の秘密は厳守。電話番号は0120-941-826。

   2009年度の配偶者暴力相談支援センターにおける、配偶者からの暴力に関する相談件数は7万件を超えた。この数字は、配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律(DV防止法)が施行された2002年度に比べて、およそ2倍。被害は深刻化の傾向にある。また、内閣府は、2008年に行った調査で、性暴力被害の相談先を聞いたが、女性の62.6%が「どこにも相談していない」と答えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中