2018年 7月 20日 (金)

レンズがすごい、一眼に迫る高画質デジカメ

印刷
コンデジなのに画質は一眼並み
コンデジなのに画質は一眼並み

   オリンパスイメージングは2011年2月中旬、高性能レンズを搭載したコンパクトデジカメ「OLYMPUS XZ-1」を発売する。

   レンズ交換式カメラと同等の集光能力を持つレンズを採用。同社のミニ一眼カメラ「OLYMPUS PEN」シリーズと同じ画像処理回路「TruePic V」や、有効画素数を1000万画素に抑えて感度を高めたCCDセンサーを組み合わせ、一眼カメラ並みの高画質な写真を撮影できるようにした。光学4倍ズーム機能や、独特の風合いを持つトイカメラ風に写真を仕上げる機能なども備える。

   黒と白の2色で、想定価格は6万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中