カーボン・ファイバーで強度2倍、シックな黒の多機能ペン

印刷
最先端の強度を実現
最先端の強度を実現

   プラチナ万年筆は多機能筆記具「MWBC-5000」を、2011年2月15日に発売する。最先端素材カーボン・ファイバーを軸に巻き、従来品の2倍の強度を実現した。

   カーボン・ファイバーは優れた強度と軽さを併せ持ち、これまでも宇宙ステーションや航空機、またスポーツ用品などさまざまな分野で取り入れられてきた。一方で加工が難しいという弱点があったが、プラチナ万年筆では2008年に限定発売した万年筆「25G」でカーボン・ファイバーを採用しており、この際のノウハウを生かすことで今回、一般向け筆記具として「MWBC-5000」を開発することができたという。

   機能はシャープペン、赤・黒2色のボールペンの3種。ボディーはカーボン・ファイバーの質感を生かしたクリアー塗装で、ミクロン単位の繊維が光によく映える、シックなデザインとなっている。

   価格は5250円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中