2018年 7月 16日 (月)

コンパクトな据え置き型浄水器

印刷
衛生的なステンレスボディとシンプルで清潔感のあるデザインがキッチンにマッチ
衛生的なステンレスボディとシンプルで清潔感のあるデザインがキッチンにマッチ

   日本ガイシはファインセラミックフィルターを使用した家庭用浄水器「C1」(シー・ワン)シリーズに、単身生活者や核家族向けの、コンパクトでスペースをとらない据え置き型の「C1 SLIM」(CW‐401)を新たに、2011年2月25日に発売する。

   従来7500リットルあった総ろ過水量を4500リットルにして設置面積を従来品の半分以下に抑え、キッチンのスペースを有効活用できるようにした。コンパクトでありながら、従来品と同様のファインセラミックスフィルターと高性能活性炭の組み合わせによって、鉛やトリハロメタン、遊離塩素などの有害物質のほか、細菌や微生物、配管中のサビなどを確実に除去する。セラミックスは天然原料からできているため、化学物質などが溶け出す心配がなく、ろ過された浄水に臭いがつかない。

   カートリッジの交換時期は1日に8リットル使用した場合は約18か月。浄水器にタイマーが内蔵されており、18か月ごとに赤色のLEDが点滅してカートリッジ交換時期を知らせてくれる。また、使用済みのカートリッジは同社が責任をもって回収し、リサイクルする。

   「C1 SLIM」の価格は、3万9900円。交換用カートリッジ(CWA‐04)は1万3650円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中