2018年 5月 28日 (月)

大豆の炭酸飲料「SOYSH(ソイッシュ)」が全国店頭販売へ

印刷
「日本パッケージデザイン大賞 飲料部門金賞」受賞
「日本パッケージデザイン大賞 飲料部門金賞」受賞

   大塚製薬は、大豆炭酸飲料「SOYSH(ソイッシュ)」の全国店頭販売を、2011年3月14日から開始する。

   同商品は、大豆のもつ可能性が、健康問題や食糧問題など人類が抱えるさまざまな問題を解決していくという考え(Soylution)のもとに、大豆の味が苦手な人や摂取量が少ない人も、手軽に美味しく摂取できるようにと開発された。

   1本(100ml)中には、約21粒分の大豆を含有し、おから成分を含む栄養を、まるごと摂ることができる。また、炭酸のさわやかさで、大豆特有の後味が気にならない。

   「ソイッシュ」は、2010年7月に同社の通信販売サイト「オオツカ・プラスワン」限定で発売され、大豆と炭酸という過去にない組み合わせが話題となった。これまでは通信販売だったが、今後は全国の小売店でも1本単位で購入できる。

   価格は1本あたり105円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中