2018年 7月 17日 (火)

「はるやま」、全店にiPad導入

印刷
実験段階の販売風景だ
実験段階の販売風景だ

   紳士服専門店のはるやま商事は、アップル社が開発・販売しているタブレット型コンピュータ「iPad」を、2011年2月17日から全店に導入する。

   一挙に1000台を超える導入で、販売・教育・事務管理などの業務の効率化や質の向上につなげるのが狙いだ。

   接客時には、顧客に商品の静止画や動画を見せることで、来店者自らがさまざまな商品の特徴やコーディネートをより具体的に感じることができる。

   今後も、アプリ開発などを通じたwebとの連動や、SNSの活用を進めることで顧客とのコミュニケーション強化をさらに図っていく予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中