もう「ダサい」なんて言えない 女性も注目の「お洒落ステテコ」

印刷

   「古臭い」「ダサい」というイメージを持たれがちなステテコが、ここ数年でイメージを一新させ、「オシャレ」になって続々登場している。

そもそもステテコとは何か?

アズの「Steteco Printed (glid) 」(右)パープル(左)グリーン
アズの「Steteco Printed (glid) 」(右)パープル(左)グリーン

   「オシャレなステテコ」は2008年ごろから登場しはじめた。下着メーカーのアズが運営する「steteco.com」が登場したことから火がつき、「ロングトランクス」や「ロンパン」「ネオテコ」という名称で、デザイン性の高いものを各社が発売。2009年ごろから若い男性にも支持されるようになった。現在では、ワコールやヘインズなどの下着メーカーだけでなく、タケオキクチやバーバリー、リーバイスなどファッションブランドも相次いで発売している。

   ステテコの歴史は古く、明治時代にまで遡る。着物やハカマの下にはくものとして生まれ、その後もズボン下や家着として日本人に親しまれ続けてきた。ステテコに使用する代表的な素材「綿クレープ」は、江戸時代から続く織物で、「しぼ」という波状・粒上の凹凸があるのが特徴。この「しぼ」がストレッチ性を高め、肌に密着しないよう機能するので、ステテコはベタつきを抑える効果があり涼しいと重宝されてきたのだ。しかし、1970年代ごろから、若者のファッション意識が高まったことや、生活様式の変化などで徐々に衰退していったという。

着心地とデザインの良さに女性からもラブコール

東武百貨店池袋店のステテコ売り場
東武百貨店池袋店のステテコ売り場

   そして現在、細身でカラフルなデザインになって登場し、その着心地もさることながら、ルームウエアや近所への外出、ビーチなど幅広いシーンで使えると、良さが再認識されている。

   東武百貨店池袋店では、09年から「オシャレなステテコ」を集めて販売し、昨年2010年には7000枚を売り上げた。1万枚の売り上げを目指す今年(2011年)は1月から販売を開始。現在、店頭には60種ほどが並んでおり、ピークの5月には約200種類になるという。

   購入者は、男性だけでなく女性の姿も目立つ。女性の場合は、夫や彼氏の代わりに買いに来るケースが多いが、小さいサイズを自分用に購入していくケースも少なくない。東武百貨店池袋店でも一部商品を展開する前出・アズの広報谷島さんは、

   「今年(2011年)は去年同様、女性でもはけるユニセックスな色や柄を展開するだけでなく、父の日のプレゼントに使えるような、モダンでシックなカラーリングのステテコも4月から販売予定です」と話している。

   価格帯は1000円台のものから、高いもので6000円ほど。父の日はもちろん、バレンタインデーのプレゼントにもオススメだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中