問題は女なのか男なのか… 女装男子が「男装」で接客!? 

印刷
私たち実はオ・ト・コなの。お店でお待ちしてまーす
私たち実はオ・ト・コなの。お店でお待ちしてまーす

   女性の着物に身を包んだ男性が接客するバー「若衆bar化粧男子」(東京・文京区)は2011年2月12日からスタッフが男装モードで客を迎えるお昼の営業を土日限定で始めている。

   女性風の化粧を施し、見た目は女性に近い男性が、黒のスーツ・ジャケットスタイルで接客するもの。メニューは、ソフトドリンク600円、アルコール700円~、お茶菓子500円など。扇子を投げて的を落とすとドリンクをサービスするゲーム「投扇興」(300円)も楽しめる。

   営業時間は土日12時~17時。チャージ1人500円(60分)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中