2018年 7月 23日 (月)

上戸彩が着物を着ると… イベントで明かしたコト

印刷

   着物姿の美しさを競う「きものクイーンコンテスト 2011」の決勝大会が2011年2月19日、東京・浅草の浅草公会堂で行われ、スペシャルゲストとして女優の上戸彩さん(25)が着物姿で登場した。会場に集まった500人の決勝進出者を魅了していた。

黒色の着物に身をつつんだ上戸彩さん
黒色の着物に身をつつんだ上戸彩さん

   「コンテストの緊張感が伝わった」という上戸さんは、「なんかすみません。今日お邪魔しちゃって…」と、恐縮した様子で、黒をベースに鶴の模様が付いた着物姿で登場。

   「普段着ることはあまりありませんが、仕事関係で着ることは多い。気分もピッとする」と、着物の良さを強調。「母が持っている着物を着てみたい」という願望も語っていた。

   コンテストでは、大学3年生の夏目結加さん(21)が優勝。「英語が話せるので、着物など日本の文化の良さを世界に伝えていきたい」と、受賞の喜びを語っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中