持ち運びできる「ビエラ」登場

印刷
写真はDMP-BV300
写真はDMP-BV300

   パナソニックは、ビエラシリーズのポータブル地上デジタルテレビ「DMP-BV300」「DMP-HV200」「DMP-HV150」を、2011年3月18日から販売する。

   高感度の4ダイバーアンテナを内蔵し、アンテナケーブルを接続することなく地上デジタル放送を楽しむことができる。BV300は内蔵バッテリー・HV200は別売りバッテリーパックによって、それぞれ最長4時間と3時間30分のテレビ視聴が可能。BV300はブルーレイディスク/DVDプレーヤーも搭載する。

   すべての機種で無線LANに対応し、料理に便利な「レシピサイト」や動画配信サイトの「ユーチューブ」、インターネット電話の「スカイプ」などを使用できる。HV200にはジェスチャーコントロール機能があり、濡れた手でも本体に触れずに操作可能。

   価格はオープンだが、想定価格は「DMP-BV300」が8万円前後、「DMP-HV200」が5万3000円前後、「DMP-HV150」が4万3000円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中