「アコーディオンを抱えたシンデレラ」中山うり 約2年ぶりのアルバム

印刷
中山うり2ndフルアルバム「VIVA」
中山うり2ndフルアルバム「VIVA」

   シンガーソングライターの中山うりが2011年2月16日、前作「ケセラ」から約2年ぶりとなるセカンドフルアルバム「VIVA」をリリースした。価格は3000円。

   中山うりは美容師として活躍しながら、アコーディオンと歌という独特のスタイルで2007年にCDデビュー。ジプシースウィングやタンゴ、ミュゼットなど世界中の音楽を融合させた作品で各地の夏フェスを席巻、メディアでも話題となり、「アコーディオンを抱えたシンデレラ」と絶賛された。

   「VIVA」には、「NHKみんなのうた」でもオンエアされた「回転木馬に僕と猫」をはじめ、映画「ネムリバ」の主題歌に起用された「そして月と踊る」など、都市生活の季節のうつろいを描いた全12曲を収録。また、ブラジル伝統音楽・ショーロの名曲「カリオカの夜」のカバーや、アフリカの親指ピアノ「ムビラ」を駆使した「たきび」では「ミラクル・ヴォイス」と呼ばれる歌声とアコーディオンが奏でる国境を越えた多彩な音色が楽しめる。

   なお今回のリリースを記念し、3月26日にはワンマンライブ「ビバ!2011春ワンマン」を渋谷PLEASURE PREASUREで開催する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中