2018年 7月 17日 (火)

ネットカードダスの新作「デジモンジントリックス」

印刷
デジタル大戦争だ!
デジタル大戦争だ!

   バンダイは2011年2月25日、オンラインカードゲーム「ネットカードダス」から新タイトル「デジモンジントリックス」を発売する。

   「デジモンジントリックス」は、デジモンが描かれたカードに付されたシリアルナンバーをパソコンから打ち込むか、または2次元バーコードを携帯電話からデータを読み取らせるかして、オンライン上でネットワーク対戦するゲームだ。

   1人で遊べる「シナリオモード」と、1人~6人の集団で遊ぶ「バトルロイヤルモード」があり、プレーヤーは最大50枚のカード(デジモン)でチームを結成し、敵チームとバトルを繰り広げながらゲームをすすめていく。バトルを勝ち続けると、ゲームの舞台「デジタルワールド」のフィールド上に「旗」をたてることができ、最終的にはたくさんの「旗」を立てた者が優勝だ。バトルでは、デジモンたちの派手な進化、合体、必殺技などの演出も見所となっている。

   また、ゲームでは参加人数や総試合数、試合日数など細かい設定ができるので、プレーヤーの実生活にあわせてゲームをすすめていけるから遊びやすい。

   カードは全120種で、ブースターパック(3枚セット)が315円、カード自販機(2枚セット)が200円、「デジモンジントリックスウエハース」(1枚入り)が100円でそれぞれ購入できる。カードの中には、ホイル&金箔押し仕様の「キングレア」(14種)、ホイル&FVP加工仕様の「ゴッドレア」(4種)も用意している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中