2018年 5月 24日 (木)

ハルヒのアプリも! 角川とグリーが業務提携

印刷
(C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会
(C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

   角川グループホールディングスグリーは、電子書籍サービスや映画・アニメコンテンツについて、2011年2月24日に業務提携を発表した。角川グループの持つ雑誌・コミック・アニメなどのコンテンツと、グリーのSNSを相互活用することがねらい。

   この提携により、角川の電子書籍とグリーのSNSを融合した「ソーシャル電子書籍アプリ」をグリーで提供。購入した書籍を友人に紹介したり、友人が欲しがっている書籍をプレゼントしたりするなどの、SNSならではのサービスが可能になる。

   角川グループのコンテンツを活用したソーシャルアプリの提供も、グリーで行われる。第一弾として現在アニメ放映中のライトノベル「GOSICK」のアプリを近日中に提供。このほか、「涼宮ハルヒの憂鬱」「源氏物語」「ぺらぶ! a cappella love!?」などのタイトルでソーシャルアプリが作られる予定だ。

   また、両者は「書店で買った漫画本についているコードを読み取るとソーシャルアプリの限定アイテムが受け取れるサービス」などを行うとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中