地味だった数珠が大変身 ドクロ型、ハート型、楕円形も

印刷
写真はドクロ型の球が特徴的な「魂」
写真はドクロ型の球が特徴的な「魂」

   お佛壇のやまき(静岡・焼津市)が2011年1月中旬から販売している、ユニークなデザインを取り入れた数珠「二十歳の念珠」が話題を集めている。

   球がドクロ形の「魂」、ハート型の水晶を組み合わせた「華」、球が楕円形でエキゾチックな模様をほどこした「憩」など7種類13アイテムを用意(6800円~1万9800円)。紐房(ひもふさ)などはパステルカラーが取り入れられ、いずれも地味な印象は受けない。素材には天然の水晶や真珠、天然木が用いられた本格派で、京都の老舗数珠店と共同開発したものだという。

   暗い色あいで地味になりがちな数珠の、デザインを含めまったく一新させたのは、浅野秀浩社長のアイデアだ。きっかけは、浅野社長が葬儀に参列したとき、若者たちの手元を見ると、数珠を持っていない人が多かったことから。その理由を彼らに聞いてみたら、「古くさくて、ちょっと」という返事だったのだ。

「売る側として、若者向けのデザインをしてこなかったのではと思わされました。ならばと思い企画、商品化したわけです。歴女もブームと聞きますから、墓参めぐりの際にもぜひ。アクセサリー感覚で身に付けてほしい」

   静岡県内の店舗で発売以来、10~30代を中心に人気に。第2弾商品も企画中だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中