小学生の親の約半数が「子どもの居場所わからず心配した経験ある」

印刷
子供に持たせている/今後持たせたい防犯グッズ
子供に持たせている/今後持たせたい防犯グッズ

   マイボイスコムが、小学生の子どもを持つ親539人を対象に実施(2011年2月10日~15日)した「子どもの防犯」に関するアンケート調査によると、13.7%が「子どもが危険な目にあった経験がある」とし、48.2%は「子どもの居場所がわからず心配した経験がある」と答えている。

   家庭内での防犯教育について、81.6%の家庭では「十分/ある程度行っている」とし、子どもに持たせている防犯グッズでは「防犯ブザー」(66.2%)、「GPS機能付き携帯電話」(13.4%)、「GPS端末」(1.5%)といったものが挙がっている。GPS機能付き携帯電話/端末については「場所がわかればすぐに対応できる」「リアルタイムでわかるのがよい」などの理由から、86.2%が「(防犯に)有効だ/やや有効だと思う」と回答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中