東芝ホームテクノから初の「デシカント方式」除湿乾燥機

印刷

   東芝ホームテクノは、デシカント方式の除湿乾燥機「RAD‐DN70」を、2011年4月1日に発売する。

   同社で初めてデシカント方式を採用。約29dBの低運転音、季節による室温の変化に左右されにくい安定した除湿能力をもち、しかも軽量、コンパクトタイプで室内の移動にも便利なのが特徴。1年を通じ安定した除湿能力を提供する。

   また、コンプレッサー方式の除湿乾燥機「RAD‐CN100」「RAD‐CN80」「RAD‐N63」の3機種を、3月16日に発売する。夏の暑い時期でも室温上昇が比較的少なく、衣類乾燥にかかる電気代もデシカント方式に比べ少ないのが特徴。「RAD‐CN100」の場合で、洗濯物約2キログラムあたりの電気代は約8円。

   新製品はいずれも、温度と湿度のダブルセンサーによって乾いたころに自動停止する「もうい~快衣類乾燥」を搭載しており、外出時も「おまかせ」で衣類を乾燥する。さらに、菌、ウイルス、花粉、ダニの死がいをとらえてその働きを抑制する「エアフィルター」を搭載している。

   いずれも、色はグレー。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中