政・官に好きにさせてはダメ 苫米地流「日本改造計画」

印刷
『日本人よ、目を覚ませ!』
『日本人よ、目を覚ませ!』

   サン出版は2011年2月21日、新刊本『日本人よ、目を覚ませ!』(著・苫米地英人)を出版した。カリスマ脳機能学者と紹介するのがふさわしいかどうか疑問に感じるほど多方面で活躍している苫米地氏。今回は、氏が国家の今を、将来を憂い放つ日本国家論であり、戦後66年間、アメリカと官僚、マスコミに洗脳支配され続けてきたとする日本を、いかに脱洗脳し、変えていてけるかを、大胆なアイデアをもとにその道を探る。

   「私たちが望んでいるのは、中国やアメリカから内政干渉を受けず、政治家や官僚が好き勝手に税金を無駄遣いしない国。ただ、それだけです。ところがそれは、今のままではいつまでたっても実現しないのです。変わらない国を変えるために、私たちは何をすれば良いか。本書はそのために書いたものです」と、苫米地氏。

   「憲法」「領土・資源」「外交」ほか、日本の問題点を苫米地流に論じた、ニッポン改造計画といっていい。

   単行本、189ページ。定価1365円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中