2018年 7月 22日 (日)

横開きのデジタル一眼レフカメラ

印刷
横開き方式を採用したバリアングル液晶モニター
横開き方式を採用したバリアングル液晶モニター

   ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5100」を2011年4月21日に発売する。

   横開き方式のバリアングル液晶モニター、上位機種であるデジタル一眼レフカメラ「D7000」に搭載しているDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 2」を採用。

   高精細な描写力があるため、夕暮れや室内などの暗い場所、動きの速いスポーツシーンの撮影が可能だ。

   また、ニコンのデジタル一眼レフカメラでは初となる「スペシャルエフェクトモード」 を搭載。静止画、動画にかかわらず、液晶モニターの表示画像でリアルタイムに確認しながら、撮影時にカメラ本体で演出効果を選択、設定できる。モードは「セレクトカラー」「カラースケッチ」「ミニチュア効果」「ナイトビジョン」「ハイキー」「ローキー」「シルエット」の計7種類。

   価格は8万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中