「金正恩」はなぜ後継者になったか  "平壌特派員"が明かす戦慄報告

印刷
北朝鮮とは?そして「金正恩」とは?
北朝鮮とは?そして「金正恩」とは?

   近くて遠い国、朝鮮民主主義人民共和国(通称・北朝鮮)で、金正日氏の後継者として抜てきされた三男の金正恩氏(28歳)。いまだその正体がほとんど明かされていない正恩氏の"真の姿"に迫った一冊『後継者 金正恩』(著・李永鐘、訳・金香清)が講談社から2011年2月に発売されて話題になっている。

   著者の李永鐘氏は、韓国・中央日報記者(編集局政治部次長)で、約20年にわたって北朝鮮問題を担当してきたキャリアから"平壌特派員"ともいわれる人物だ。同書では、スイスに留学時代からバスケットボール好きで通っていたこと、実母は高英姫ではなく「キム・オク」説があること、そして、長男である正男氏を"狙った"とするウアム閣襲撃事件のてん末など、正恩氏に関する興味深いリポートが展開される。

   さらに、2人の兄が後継者レースから脱落したわけや、不審な死を遂げていった関係者たちの存在、金正日氏の女性関係なども含め、過去から現在まで、北朝鮮という国がまるごとわかる情報が満載だ。

   単行本、226ページ。定価1680円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中