「素顔のパリ」描いた風景画展

印刷
写真は、「新緑のカフェ・ド・フロール」(C)Tamamura Toyoo
写真は、「新緑のカフェ・ド・フロール」(C)Tamamura Toyoo

   伊勢丹新宿本店は、本館7階催事場で『玉村豊男 パリ風景画展「パリ追想」』 を2011年4月20日から4月25日まで開催する。

   画家・エッセイスト・農園主・ワイナリーオーナーとさまざまな顔を持つ玉村豊男氏の2004年以来7年ぶりの風景画展。

   玉村氏の原点ともいえるパリと出合った留学時代にさかのぼり、その後何度も通った素顔のパリをエピソードとともに紹介する。また経営する「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」のオリジナル商品なども販売する。

   入場料は無料。

   4月23日の14時から「玉村流パリの愉しみ」と題したトークショーも開催予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中