「adidas is all in すべてをかけろ。」新ブランドメッセージ日本展開を開始

印刷
アディダスはさまざまなフィールドでの情熱を応援する
アディダスはさまざまなフィールドでの情熱を応援する

   アディダス ジャパンでは新しいブランドメッセージ「adidas is all in すべてをかけろ。」がテーマの、世界の有名アスリートやミュージシャンが登場する動画を2011年4月21日から公開している。

    動画にはサッカーのリオネル・メッシ、デビッド・ベッカム、バスケットボールのデリック・ローズ、野球の読売巨人軍の選手たち、パフォーマーでもあるダンス&ヴォーカルユニットEXILE、そしてアーティストのB.o.B、ケイティ・ペリーといった各界のスターたちが次々と出演。彼らがそれぞれのフィールドにおいて、情熱をかけて活躍する瞬間をテンポよく紡いでいき、世界中の若者たちに「すべてをかける(=all in)」ような情熱を持つこと、挑戦することの素晴らしさを伝えるような内容となっている。

   アディダスはこれまで、トップアスリートから無名のアーティストまでさまざまな人々の活動を応援してきたが、その共通項となるのが彼らの自らの舞台にそそぎこむ「情熱」。今回「すべてをかけろ。」をメッセージとして掲げるアディダスでは、世界中の若者の「すべてをかける」情熱を応援していくという。

   アディダスでは今後この動画のほか、各種スポーツイベント、広告や店頭キャンペーンを通じて、この新ブランドメッセージを発信していく方針だ。

   動画はアディダスのキャンペーンサイト(http://adidas.jp/)から見ることができる。

   また、アディダス直営店では「all chance game」キャンペーンを開催中だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中