2018年 7月 22日 (日)

新モーター搭載! 消費電力54%減「扇風機」

印刷
きめ細かな回転数で運転を制御し、自然な風をつくり出す
きめ細かな回転数で運転を制御し、自然な風をつくり出す

   東芝ホームテクノは、DCインバーターモーターを新搭載した省エネタイプのリビング扇風機「SIENT(サイエント) F‐DLN100」を、2011年5月1日に発売する。

   DCインバーターモーターの採用で、従来のACモーターの扇風機に比べて消費電力を約54%削減するほか、きめ細かな回転数で運転を制御。新形状の7枚羽根で、連続風で7段階、リズム風で4段階の滑らかに変化する自然な風をつくり出す。

   首振り機能には新たに上下・左右にランダムな動きが可能な立体首振り機能を採用。また、幼児やペットによる誤操作を防ぐ「チャイルドロック」や、エアコンのタイマー運転との組み合わせに便利な「切/入ツインタイマー」、運転停止前の状態を記憶する「メモリー機能」を備えた。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中