「吃音」の美少女、先生になる

印刷
ハートウォーミングな青春物語
ハートウォーミングな青春物語

   講談社は、新刊「吃音センセイ 桜舞う校庭で」(著・佐藤文昭)を2011年4月21日に発売した。

   価格は、1365円。

   実在する人物の半生をベースとした青春小説。幼いころに吃音(きつおん)を発症し、いじめにあっていた美少女が成長して教師になり子供達に体当たりでぶつかっていくという物語。

   著者の佐藤さんは、吃音改善教材を含めた教材を扱う通販会社を経営しており、近作が処女作になる。

   230ページ、ソフトカバー。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中