戦後首相32人を採点、だれが一番だった?

印刷
『本当は誰が一番? この国の首相たち』
『本当は誰が一番? この国の首相たち』

   ソフトバンククリエイティブは2011年4月20日、ソフトバンク新書から『本当は誰が一番? この国の首相たち』を発売した。

   この本、東久邇宮稔彦、幣原喜重郎から鳩山由紀夫、菅直人まで、戦後の首相32人を俎(そ)上に上げ、その仕事っぷりを内政、経済、外交面から再検証し、10点満点で採点までしているのだからスッキリする。果たして吉田茂、田中角栄、小泉純一郎の評価は? また、"幻の首相候補"として重光葵、武村正義、土井たか子、野中広務、小沢一郎などを取り上げたコラムも面白い。

   新書、256ページ。定価798円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中