境港市「水木しげるロード」 今年もう100万人突破

印刷

   鳥取県境港市観光協会は2011年5月16日、139体ある妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ観光名所「水木しげるロード」における年間の入込客数が100万人を超えたと発表した。前年に比べると、約2か月早いスピードでの達成だ。

   また、5月4日には1日の入込客数が7万3064人で、過去最高を記録した。境港市観光協会によると、ゴールデンウイーク期間(4月29日~5月5日)に40万5000人が来客したそうで、今年は年間300万人を目指したい考え。担当者は「昨年のNHKドラマ『ゲゲゲの女房』の人気が今でも続いているようです。昨年は秋~冬の閑散期にも毎月40万人(例年は月10万人)がいらっしゃいました」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中