2018年 7月 23日 (月)

境港市「水木しげるロード」 今年もう100万人突破

印刷

   鳥取県境港市観光協会は2011年5月16日、139体ある妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ観光名所「水木しげるロード」における年間の入込客数が100万人を超えたと発表した。前年に比べると、約2か月早いスピードでの達成だ。

   また、5月4日には1日の入込客数が7万3064人で、過去最高を記録した。境港市観光協会によると、ゴールデンウイーク期間(4月29日~5月5日)に40万5000人が来客したそうで、今年は年間300万人を目指したい考え。担当者は「昨年のNHKドラマ『ゲゲゲの女房』の人気が今でも続いているようです。昨年は秋~冬の閑散期にも毎月40万人(例年は月10万人)がいらっしゃいました」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中