スター選手活躍の裏にある「二軍監督」という存在

印刷
『プロ野球 二軍監督――男たちの誇り』
『プロ野球 二軍監督――男たちの誇り』

   元日刊現代記者で、現在はライターとして独立し「バントの神様――川相昌弘と巨人軍の物語」「ジャイアンツ愛――原辰徳の光と闇」(いずれも講談社)などの著書がある赤坂英一氏の新刊『プロ野球 二軍監督――男たちの誇り』が、2011年5月8日に講談社から発売された。

   スター選手の下積み時代を単に振り返るのではなく、二軍監督という"縁の下の力持ち"的な存在との関わりを通して浮き彫りにしているところにこの本の価値がある。

   水上善雄、渡辺久信、片平晋作、山崎立翔、鳥越裕介、猿渡寛茂、川相昌弘といった二軍監督経験者が登場するが、いかに彼らが選手たちの心を、目を、汗を見て指導していたかがよくわかる、ファームを舞台にした熱いドラマの数々が紹介されている。

   単行本、258ページ。定価1575円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中