「クラウド」を過信するな 知っておくべき7つのリスクヘッジ

印刷
『クラウド時代の正体』
『クラウド時代の正体』

   KKベストセラーズはベスト新書から『クラウド時代の正体~ウェブで私生活を晒す人々・狙う組織』(著・白鳥敬)を発売した。同書は、昨今何かと話題のクラウドコンピューティングやソーシャル・ネットワークに潜む問題点を浮き彫りにするだけでなく、ウェブ隆盛時代での危機管理を養うためのヒントが詰まっている。

   こうしている間にも、我々が関知しないところで個人情報やビジネスデータが漏れている可能性は否定できない。科学ジャーナリスト・白鳥氏の解説は、出版社でIT関連の編集作業も経験しているだけに、とても分かりやすく、約200ページがあっという間に読み進められる。白鳥氏が重要なポイントとして触れているのは、「クラウドコンピューティングの情報はどこにあるか」「ソーシャル・メディアを安易に使うことの怖さ」「あなたの私的情報を狙っているのは誰か」「日常に潜む危険な情報流出」「クラウド時代に知っておくべき7つのリスクヘッジ」だ。

   新書、208ページ。定価780円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中