ツインカメラ搭載、本格3D撮れるスマートフォン

印刷
WHITEとBLACKの2色(画像は「WHITE」)
WHITEとBLACKの2色(画像は「WHITE」)

   NTTドコモは、スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」を、2011年5月20日に発売した。

   800万画素のツインカメラを搭載し、シャッターを押すだけで3Dの写真や動画を撮影できる。2D/3Dの切り替えは、撮影しながら状況に応じて切り替えられる。

   OSは最新のAndroid 2.3。専用メガネがなくても3Dが楽しめる4.2インチ液晶(960×540)を備え、YouTubeに投稿された3Dコンテンツも視聴可能。おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信にも対応している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中