2018年 7月 18日 (水)

「いいうんち」を見分けよう、「ヒミツ結社デルツマール」に新ゲーム

印刷
リズムに乗って「いいうんち」と「わるいうんち」を仕分けちゃう
リズムに乗って「いいうんち」と「わるいうんち」を仕分けちゃう

   「うんち」から日本人の健康を見直すことを目指し、「うんち」についての啓発・改善を行うWEBサイト「ヒミツ結社デルツマール」に、「いいうんち」と「わるいうんち」を見分けるゲーム「いいうんち仕分けマシーン」が新たに登場した。

   「いいうんち仕分けマシーン」は、リズムに乗って腸内を降りてくるさまざまな「うんち」の中から「わるいうんち」を「仕分け」して消していき、「いいうんち」だけが出るようにするというトレーニングゲーム。

   登場する「うんち」は30種類にも上り、ステージの難易度が上がることに登場する「うんち」の種類も増えていく。

   「うんち」は健康のバロメーターとされる。「デルツマール」ではこのゲームを通じて「いいうんち」「わるいうんち」について知ることで、自分の「うんち」に興味を持ち、「いいうんち」を出すことについて真剣に考えてほしい、としている。

   「ヒミツ結社デルツマール」は「いいうんち出すなら、乳酸菌」を合言葉として、今後も日本人が「いいうんち」を出せるよう情報発信を行い、「うんち」にまつわる悩みや疑問の解決に役立つサイトを目指す。

   なお、「デルツマール」では6月30日まで、「第3回こくみん腸査」を実施している。回答者のうち500人には、約40センチの「ミニチュア大腸ストラップ」を抽選でプレゼントする。詳細はhttp://delzmarl.com

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中