なぜ日系企業は「中国」で失敗するかを教えましょう

印刷
『人治国家 中国のリアル』
『人治国家 中国のリアル』

   成長著しい中国経済。拡大するばかりの市場に乗り込む外国企業は後を絶たないが、ビジネスを始めれば必ず成功するというものではない。中国人の気質を理解しているのはもちろんだが、現地のさまざまな法律にも通じた弁護士と組んでいるかは大きなポイントだ。

   幻冬舎は、日本経済新聞選出「2010年に活躍した弁護士ランキング」の外国法部門で第2位を獲得した黒田健二氏の新著『人治国家 中国のリアル』(発行・幻冬舎メディアコンサルティング)を2011年4月22日に発売した。この本の中で黒田氏は、ハイリスク・ハイリターンの中国市場で成功するために知っておくべき"中国の常識(=日本の非常識)"とは何かなど、自らがこれまで体験してきた中国ビジネスをめぐるリアルな実態をもとに、日本企業が中国でビジネスを行ううえで注意すべきポイントを、具体的に解説している。

   単行本(ソフトカバー)、194ページ。定価1260円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中