恋愛文学の"型破り"な傑作 美男・鮎太朗ふられまくりの結末は?

印刷
『わたしの彼氏』
『わたしの彼氏』

   講談社は2011年3月11日、青山七恵氏が恋愛の不思議をユーモラスに綴った長編小説『わたしの彼氏』を発売した。

   大学2年の主人公・鮎太朗は美男なのだが、どうも女運がいいとはいえない。鮎太朗を好きになる女性は多いものの、結局彼女たちは鮎太朗を振ってしまうのだ。若い世代における恋愛の素晴らしさ、難しさ、はかなさといったものが渾然一体となり、最後には読み手にほっこり温かな何かをもたらす。

   恋愛文学の"型破り"な傑作といえるだろう。

   単行本、394ページ。定価1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中