2018年 7月 22日 (日)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクなど 7月13日からSMS相互利用OK

印刷

   NTTドコモ、KDDIと沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスは2011年7月13日から、第三世代携帯電話(3G)において、ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続を開始する。

   発表資料によると、1回あたりの送信料は、NTTドコモの場合、7月13日から3.15円となる。KDDIと沖縄セルラー電話ソフトバンクモバイルも1通あたり3.15円で提供。ソフトバンクの場合、同社の携帯電話同士でホワイトプラン加入者なら、これまで通り送受信が無料だ。また、KDDIと沖縄セルラー電話は7月13日から利用できる文字数を増やし対応する。" target="_blank">イー・アクセスは1通あたり2.1円。イー・モバイルの携帯電話同士も1通あたり2.1円だが、指定プラン加入の場合は無料。なお、5社とも受信料については無料となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中