テレビ増設したら映り悪くなった 卓上ブースターで改善

印刷
小形で簡単に設置できる卓上形のブースター
小形で簡単に設置できる卓上形のブースター

   DXアンテナは、テレビやブルーレイ・DVDレコーダーを増設したときに、テレビ信号が減衰するために起こるレベル不足を補う家庭用の卓上ブースター(2機種)を、2011年6月1日から販売中だ。

   1台だときれいに映っていたのに、テレビやレコーダーを増設したら映りが悪くなった――。そんな時に、ブースターを使用すると、デジタル放送の乱れた画像(ブロックノイズ)を、スッキリきれいな画像に改善する。

   むずかしい調整も必要なく、テレビと壁面TV端子のあいだに同軸ケーブル(別売)で接続するだけで使用できる、コンパクトな卓上形。消費電力を従来品に比べて、大幅に削減した節電タイプで、電源プラグにはホコリによるコンセント火災を防止するトラッキング対策を採用した。

   「CS/BS‐IF・UHFブースター」が1万4438円、「UHFブースター」が1万1550円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中