2018年 7月 19日 (木)

TOKIOが新CM 被災地食材「いただきます!」

印刷

   農林水産省とフード・アクション・ニッポン推進本部は、被災地支援キャンペーン「食べて応援しよう!」の一環として、アイドルグループ・TOKIOを起用した新CM「TOKIOのみなさん」篇(15秒・30秒)を2011年6月8日から首都圏でオンエアしている。

   バラエティー番組で10年以上も農作業や野菜作りを経験しており、被災地の人々からも親しまれているTOKIOのメンバー。今回は、彼らの力強いメッセージを通じて、「食」の面から被災地支援、活力再生をPRする。

   CMでは、被災地産の食材をおいしそうに食べる一人一人の表情のアップが、「ぼくらは今日も」(城嶋茂さん)、「いただきます!で」(松岡昌宏さん)、「東日本と」(長瀬智也さん)、「ガッチリ」(国分太一さん)、「つながっています」(山口達也さん)というナレーションと重なって描かれる。そして最後には、食材を手に全員で「食べて応援、続けます!」と続く。

   使用した食材は、宮城県産の米を使った「おにぎり」と福島県産の「アスパラ」、宮城県産のみそをつけた福島産「キュウリ」、茨城県産「トマト」、青森県産「リンゴ」、群馬県産「スイカ」、岩手県産「牛乳」、山形県産「モモ」、山形県産の肉と千葉県産のタマネギの「バーベキュー」、千葉県産「カツオ刺し身」と、被災地を中心とする東日本産の新鮮な食材で揃えた。当日は、その場で調理された出来立てのメニューが振る舞われ、メンバーは頬を緩めていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中