星野リゾート「がんばろう、子どもたち」キャンペーン 締め切り迫る

印刷
子どもたちを笑顔に
子どもたちを笑顔に

   星野リゾートは、東日本大震災をうけて2011年4月1日から「がんばろう、子どもたち」キャンペーンを立ち上げ、支援金付き特別宿泊プランを提供しているが、予約締め切りが6月30日までと迫っている。

   同社が運営する各宿泊施設で特別料金プランを設定し、料金のうち一部屋につき1000円を被災地で活動している民間の国際援助団体「Save the children JAPAN(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)」に寄付するという試みだ。1泊3500円、5000円とリーズナブルな価格のものもあり、担当者は「これまでホテルや旅館を多くの家族連れに利用していただき、子どもたちのたくさんの笑顔に出会った。子どもたちの笑顔は大きな力。笑顔でいてほしいという願いを込めた企画」だと話す。

   キャンペーン対象宿泊施設は、星のや 軽井沢(長野県)、星のや 京都(京都府)、リゾナーレ(山梨県)、白銀屋(石川県)、有楽(島根県)、タラサ志摩(三重県)、ウトコ オーベルジュ&スパ(高知県)、蓬莱(静岡県)、ヴィラデルソル(静岡県)、いづみ荘(静岡県)、アンジン(静岡県)、花乃井(静岡県)、貴祥庵(長野県)、松延(長野県)、トマム(北海道)。宿泊対象期間は2011年4月1日から1年間。予約受け付けや詳細はwebサイトから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中