「3つの連鎖」で見えてくるもの 吉祥寺で「第4回 爆音映画祭」

印刷

   東京・武蔵野市にある「吉祥寺バウスシアター」では、音楽ライブ用のサウンドシステムを使って映画を爆音で上映する「第4回 爆音映画祭」を2011年6月24日から7月9日まで開催する。

爆音ならではの楽しみ方を体感

「第4回 爆音映画祭」フライヤー
「第4回 爆音映画祭」フライヤー

   映画評論家・樋口泰人氏がプロデューサーを務める同映画祭は、2008年にスタート、昨年は若者を中心に約7000人を動員した毎年恒例の人気イベント。「爆音」とはいっても、ただ音を大きくするだけではない。その映画におけるベストな音を探求し、最良の音で上映を行うことによって、かつて見たことのある映画が新しい映画のように違って見えるといった、爆音ならではの楽しみ方を体感してもらうのが目的だ。

「THIS IS IT」「ゴジラ」などラインアップ

   期間中は全28作品を上映。マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」やジャン=リュック・ゴダールの「右側に気をつけろ」、薬師丸ひろ子主演作「セーラー服と機関銃」、暴走貨物列車の音が鳴り響く「アンストッパブル」、東宝作品「ゴジラ」などに加え、リクエストの最終投票で選ばれた1位「キック・アス」、2位「AKIRA デジタル・リマスター版」、3位「狂った野獣」など、さまざまなジャンルの作品をラインアップしている。

   震災という大きな打撃を受けた後の映画祭として、「そんな状況の中、映画はいかに『その後』の世界を描き、世界の変容と対面してきたかを意識しつつ、上映作品の選考にあたってきました」と、前出の樋口氏。今回は「現実世界の変容」、「(震災をうけて選ばれた)作品に描かれる世界の変容」「爆音上映による世界の変容」の3つの連鎖によって立ち現れる何かを見るような映画祭になる、とホームページでコメントしている。

   チケットは前売り・当日とも1300円から。上映スケジュールなど詳しくは公式サイトで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中