2019年 11月 20日 (水)

仁科親子、絶妙なかけあいで「世界初ジグソーパズル」PR

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
新商品と仲良しぶりをアピールした仁科亜希子さん(左)、仁美さん(右)
新商品と仲良しぶりをアピールした仁科亜希子さん(左)、仁美さん(右)

   仲良し美人親子として知られる、女優の仁科亜希子さんとタレントの仁科仁美さん。最近では、ACジャパンの子宮頸(けい)がん検診啓発キャンペーンCMに出演したことで話題になった。その親子が、2011年6月16日に「東京おもちゃショー2011」のエポック社ブースに登場し、同日発売された「ジグソーパズル脳力診断」をPRした。

   パズルを組み、脳力チェック問題を解くことによりパズル脳力が診断できる世界初のジグソーパズル。パッケージの見本と完成図が左右反転している「左右反転見本パズル」(3675円)と、見本と完成図が異なる「間違い探し見本パズル」(4095円)の2パターン、全8種類の絵柄がある。パズルを完成させた後に、難問・奇問ぞろいの問題で脳活性度をチェック。付属ハガキに必要事項と問題の回答を記入して、脳力診断研究所に送ると、後日「5つのパズル脳力」(観察記憶力、形状認識力、モチベーション力、色彩認識力、推論力)を分析した「ジグソーパズル脳力診断書」が送られてくるというものだ。

   会場では、事前にパズルを体験していた2人の脳力診断結果を公表。仁美さんが子どものころは「よく2人でパズルで遊んでいた」(亜希子さん)、「1000ピースのパズルを3日間くらいで仕上げちゃう」(仁美さん)と、2人ともパズルに慣れ親しんでいるということで、パズル脳力は5つとも高い評価だった。亜希子さんの「これを維持するべく頑張ります」というコメントに対し、仁美さんは「(亜希子さんは)天然ですけど」というツッコミを入れ、絶妙なかけあいで仲の良さもアピールした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!