パリへ行きたい、アンティーク&雑貨が待っている!

印刷
『パリの雑貨とアンティーク。』
『パリの雑貨とアンティーク。』

   ブラリとパリに旅したくなる――そんな本が、阪急コミュニケーションズのマダムフィガロブックスから2011年3月18日に出された『パリの雑貨とアンティーク。』(編・フィガロジャポン編集部)

   「フィガロジャポン」2010年6月号「パリのビストロ、パリの食器。」、2009年1月5・20日号「アンティークとカフェは、パリの文化です。」、2008年2月20日号「パリの生活雑貨。」の各人気特集を再編集して1冊にまとめたもので、どこか懐かしく、ぬくもりを感じる店が91軒紹介されている。

   パリといえばファッションやグルメを真っ先にイメージするかもしれないが、アンティーク&雑貨を扱う店もたくさんあって、のぞいたらつい長居してしまうほど、趣がある品物がいっぱいなのだ。この夏休み、パリへ行くという方は、この本をスーツケースに入れておくと、最高のガイドになるはず。

   単行本(ソフトカバー)、ページ。定価1680円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中