タブレットなのかノートなのか? アスース「トランスフォーム型PC」

印刷
利用シーンによって使い分けられる
利用シーンによって使い分けられる

   アスーステック・コンピューターは、Android搭載の新感覚デジタルデバイス「Eee Pad Transformer TF101」(イーパッド・トランスフォーマー・ティーエフイチマルイチ)」の発売を2011年6月25日に予定している。価格は5万9800円。

   「Eee Pad Transformer」は、タブレットの薄さ約12.98mmと軽さ約680gの超軽量・薄型ボディーに、見やすく直感的に操作できる10.1型ワイドのIPSタッチスクリーン液晶を搭載した。付属のモバイルキーボードドックを接続するだけで、ノートパソコンにもなるトランスフォームスタイルのデバイスだ。

   モバイルキーボードドックは、アルミニウム加工のパームレストに、フルサイズキーボード、マルチタッチパッド、Androidファンクションキー、USBポートなどを装備しており、ノートパソコンと同じような操作性だ。動画再生やプレゼンテーションなどはタブレットで、資料作成やデータ入力はモバイルキーボードドック接続で使用するなど、利用シーンによって使い分けられる。

   バッテリーについては、タブレットのみでも最長9.5時間のバッテリー駆動。モバイルキーボードドックに接続すれば、薄型リチウムポリマーバッテリーを内蔵しているので、駆動時間は最長16時間になるという。モバイルキーボードドックを接続すると、タブレット側のバッテリーに充電される。

   そして、正面に120万画素、背面に500万画素の2つのwebカメラを装備した。周囲の環境を映しながらのビデオチャットに便利。HDMIミニ出力端子もあるので、ケーブル1本でプロジェクタに接続して、高画質・高音質でデジタルエンターテインメントを楽しんだり、プレゼンテーションしたりできる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中