女性の8割が『飲まネーゼ』 「外食ではあえて飲酒せず、料理を堪能」

印刷
女子会(ママ会)ではお酒を飲まないが41%
女子会(ママ会)ではお酒を飲まないが41%

   クロス・マーケティング(東京・中央区)は関東地区(東京・神奈川、千葉・埼玉在住)の25~44歳の、年に1回以上お酒を飲んでいるという女性600人を対象に、「女性の飲酒」に関する調査を実施した。

   調査結果からは、(1)ふだん、外食時にお酒を飲むシーンは、「記念日」が最も多く、49.8%も占めていたこと。(2)女性の8割以上があえて飲酒しない外食をしていて、その際は食事を楽しみ、料理を堪能するために「水」や「お茶」を選ぶ傾向があること。(3)お酒を飲まない外食シーンは「女子会(ママ会)」が最も多くて41%あり、飲酒しない理由としては、約半数が翌日への影響を考慮しているためであること。(4)お酒が好きな女性は84.3%と高いものの、半数は5年前と比べて飲酒の頻度が減ったと感じていること。主に、この4つの点が分かった。

   こうした現実をみると、昨今「女子会」と呼ばれる飲み会や食事会が注目されているなかで、女性たちが外食をする目的は、お酒を飲む・飲まないにかかわらず、料理や会話を楽しむなど、その時間を有意義なものにしたいということに変わってきているようだ。お酒が好きだから、毎回食事の際は飲酒するのではなく、お酒を飲まなくても楽しい時間を過ごせる女性たちが増えているとも言える。ちなみに、こうした女性たちのことを"飲まネーゼ"と呼ぶらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中